創業5年未満で、経営課題を克服したい経営者へ

会社を倒産させない経営ノウハウ資金調達・助成金・補助金の活用

100社を超える中小企業の事業再生に取組んできたコンサルタントが、逆転の発想で創業期を支援

メールアドレスを入力してください

※無料で受け取れ、いつでも配信停止できます

個人情報保護方針
個人情報の取り扱いに同意する必須
同意する
E-mail必須
半角文字 (例 user@smktg.jp)
※E-mailアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。

5年後には、約2割の企業が存続できない成長段階に直面する課題にどう対処すべきか?

創業期は経営者としての経験不足や知識不足などもあり、直面する様々な課題に対し、うまく対処することが出来ない場合もあります。また、創業期は色々と資金が必要となり、「不安」もつきまとうでしょう。

企業の成長タイプは大きく3つに分類できます。
早いペースで売上高を拡大させていく「高成長型」、中長期かつ安定的に売上高を拡大させていく「安定成長型」、まずは事業の存続を目指す「持続成長型」の3つです。

どの成長タイプを歩むにしろ、当初作成した事業計画通りに進められず、軌道修正が必要になることもあります。高成長型のように、順調に売上げが伸びたとしても、その成長スピードがゆえに、課題解決の判断にもスピードと正確性が求められます。

どう対処すべきか?

「高 成 長 型」:
将来的に上場又は事業価値を高めての会社譲渡・売却を選択肢の一つとしながら、早いペースで雇用や売上高を拡大させていくことを目指している。
「安定成長型」:
「中長期かつ安定的に雇用や売上高を拡大させることを目指している。
「持続成長型」:
基本的に創業時の雇用や売上高を大きく変化させることを意図せず、事業の継続を目指している。

成長段階に応じて変わる経営課題資金調達に変わり人材確保が一番の悩みに

企業の経営課題としては、資金調達、有能な人材の確保が上位を占めます。
企業が安定・拡大期に入ると、人材の確保、量的な労働力の確保といった課題が大きな割合を占めます。

成長段階に応じて変わる経営課題資金調達に変わり人材確保が一番の悩みに

会社が円滑に成長を続けるか、それとも衰退に向かうのかの分かれ目は、自社の経営課題を認識し、見つめ直すとともに、業務プロセスの見直しを行うことも必要です。

また、利用できるのに利用していない制度や助成金・補助金など、経営課題解決のために利用できるものは利用したほうがいいでしょう。

創業時に目指していた通りの成長をしている企業とそうでない企業とでは、成長段階ごとに行っている取組みや、課題に対する対処、活用している支援施策等の内容が異なることが明らかになっています。(資金調達、販路開拓の取り組み、人材の確保、経営相談、IT活用など)

このメールマガジンでは、5年後に倒産しないための経営ノウハウ、問題解決のヒントを毎週お届けします。

このようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • 経営課題に直面しているが、解決に至っていない
  • 資金調達の目処がつかない
  • 経営を円滑に進めるためのノウハウが少ない
  • 新しい事業を始めたいが、事業計画書をうまく書けない
  • 決算書の正しい見方を知りたい
  • 企業の再生事例などを知り、立て直しのヒントにしたい
執筆者の紹介
arrow
会社や事業を次のステージに引上げたいですか? 5年後、さらには10年後に生き残るためにもリスクに対する対処法や会社を成長軌道にいち早く乗せるためにも、このメールマガジンに是非お申込みください
100社を超える中小企業の事業再生に取組んできたコンサルタントが、逆転の発想で創業期を支援

メールアドレスを入力してください

※無料で受け取れ、いつでも配信停止できます

個人情報保護方針
個人情報の取り扱いに同意する必須
同意する
E-mail必須
半角文字 (例 user@smktg.jp)
※E-mailアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。