会社をさらに成長させたい意欲的な経営者へ
成長期の課題を解決するヒントを無料で毎週お届けします
成長期をどう過ごすべきか?
100社を超える中小企業支援に取組んできたコンサルタントが、課題に直面する孤独な経営者を支援

メールアドレスを入力してください

※無料で受け取れ、いつでも配信停止できます

個人情報保護方針
個人情報の取り扱いに同意する必須
同意する
E-mail必須
半角文字 (例 user@smktg.jp)
※E-mailアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。
成長期に入り、売上げも伸びてきたしかし、成長スピードに組織体制が追いつかない新たな人材の確保も急務

ライフサイクルにおける成長段階は、売上や利益が向上し、更なる飛躍が見込まれる時期です。この成長期の課題では「人材」に関する問題が大きな割合を占めます。

質の高い人材の確保や量的な労働力の確保といった人材確保に関する問題です。
人材は経営資源でありますが、育成に時間を要するため、明らかにお金やモノとは違う性質のものです。また、育成や経験により能力も変わるため、真似ることができません。

人数も増えてくることで組織としての成熟も求められます。
更なる成長を見込むためにも、この段階で強い組織の構築が必須です。

成長期に入り、売上げも伸びてきたしかし、成長スピードに組織体制が追いつかない新たな人材の確保も急務 自社の経営課題を見つめ直し、成長にあわせ、業務プロセスを見直す

企業の成長が進むと、組織体制も煩雑になります。
全国に支店展開をした際でも、本社にいたキーマンが支店に移動することで、本社機能の弱体化することも起こりうることです。

そうならないためにも、業務プロセスを見直すことで、生産性を向上させるだけでなく、更なる成長にも耐えうる強い組織に変貌を遂げることができます。

業務プロセスを見直す上で、設備投資やITを活用することで、業務効率化を促進することもできるでしょう。

会社を成長させていくには、もちろんお金も必要です。
信用保証への依存度を出来る限り下げ、保証・担保に依存しない融資(事業性評価に基づく融資)を確保することも大切です。

このメルマガでは、現場で起きたこと(事例)や中小企業支援を通じて感じたことを多くの経営者様に伝え、少しでもこのメルマガを読まれた方が、経営改善のきっかけを掴んで頂きたい、さらに意欲的に会社を成長させてほしい、との願いから配信するものです。

このようなお悩みをお持ちの方におすすめです

執筆者の紹介
arrow
創業期を乗り越え、成長期に入り、今後も持続的な成長を望む経営者なら是非読んでいただきたい
100社を超える中小企業支援に取組んできたコンサルタントが、課題に直面する孤独な経営者を支援

メールアドレスを入力してください

※無料で受け取れ、いつでも配信停止できます

個人情報保護方針
個人情報の取り扱いに同意する必須
同意する
E-mail必須
半角文字 (例 user@smktg.jp)
※E-mailアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。