年々、儲けが減ってきて、今こそ経営改善が必要と感じている経営者へ
経営再生のために今何をすべきか?
100社を超える中小企業支援に取組んできたコンサルタントが、経営危機に直面する孤独な経営者を支援

メールアドレスを入力してください

※無料で受け取れ、いつでも配信停止できます

個人情報保護方針
個人情報の取り扱いに同意する必須
同意する
E-mail必須
半角文字 (例 user@smktg.jp)
※E-mailアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。
倒産or再生

経営者はこの先の未来をご自身で選択することができる

経営状況の停滞、悪化に伴い、傷は徐々に深まります。
その傷が深くなればなるほど、経営再生への道のりは厳しくなり、再生の可能性もより低くなります。取引先企業への二次倒産リスクを及ぼすなど、深刻な状態に陥る前に再生への道へと向かうことが必要です。

企業の再生期は必ずやってくるそのときに、どのように行動し、決断をすべきかが重要

企業はよく「生き物」に例えられます。言い換えれば、「生き物」である以上、経営を取り巻く環境変化に耐える体力とその変化を察知できる感性が必要となります。

企業が「生き物」であればそこには寿命があり、一般的には30年も経過すると、変化する経営環境に耐える体力も落ちて、最盛期も尽きてしまいます。

しかし、30年を過ぎても存在する企業も存在します。

そのような企業は変化する経営環境に対して敏感に反応し、経営の改善・改革を続けています。

その意味で、企業を継続していく過程で、「再生期」は必ず通る道であり、永続企業はある意味「再生の繰り返し」と言えます。

企業のライフサイクルには「創業期」→「成長期」→「衰退期」→「再生期」に至るプロセスがあります。
それぞれのプロセスで企業は何を保有し、今後どこにアプローチするべきなのでしょうか?

事業継続の可能性も高く、経営者も再生に意欲的であるならば様々なヒントを得ることができるでしょう。

このようなお悩みをお持ちの方におすすめです

厳しくなってきた資金繰りに頭を悩ませるも、銀行からの資金調達も思い通りにいかない…。この先の会社の経営状態、頭をよぎる社員の生活。今だったらまだどうにかなるかも…
このような状態を一刻も早く改善し、経営再生への道を進みたい…
そのようにお考えなら是非このメールマガジンにご登録ください。
執筆者の紹介
arrow
衰退期から再生の道へと向かう。実効性のある課題解決への方向性をこのメールマガジンにて示します。
100社を超える中小企業支援に取組んできたコンサルタントが、経営危機に直面する孤独な経営者を支援

メールアドレスを入力してください

※無料で受け取れ、いつでも配信停止できます

個人情報保護方針
個人情報の取り扱いに同意する必須
同意する
E-mail必須
半角文字 (例 user@smktg.jp)
※E-mailアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。